15

オイル・グリス等解説




10W-30のガソリン用エンジンオイルです
3000kmから5000kmを目安に交換して下さい。
オイル交換をあまりしないと@の様になります。

GF-4 10W-30のガソリン用エンジンオイルです
主にターボやスーパーチャージャーを搭載した
車に入れています.3000kmから5000kmを目安に交換して下さい。
ターボ車は非常に細いオイル通路があり、一分間に20万回転する
ターボのシャフトをオイルで浮かして、冷却しているため
オイルを交換しないと、通路が詰まり 焼きつきや破損の原因と
なります。マフラーから白煙が出て、ターボがきかなくなって
くるとターボが壊れかけています。ターボの修理は非常に高価です。

ギヤオイルです。ミッションやデフ・トランスファに
入れています

ブレーキオイルです。ブレーキやクラッチのホイルシリンダ
を分解した際や、車検や点検などで、古くなっている場合に
交換します。補充した際に車体についた場合は、錆びの原因
となるため、水で洗い流して下さい。

オートマオイルです。交換する時は、オートマの構造上
エンジンオイルの様に下から全て抜きとる事が出来ないため
専用の機械を使います。オートマとパワステオイルの交換時期は
車のボンネット裏や取扱説明書に、記してありますので、参考
にして下さい。

クレーン車やダンプやユンボ・フォークリフトなど
油圧機器を作動させるために、使われているオイルです。
無色透明でにおいもあまりありません。

ドライブシャフトなど等速ジョイントに使われているグリスです。
左の写真の黒いブーツの中には黒いグリスが入っています。
ブーツが劣化して破れたまま、車に乗っているとハンドルを
きった時、カラカラと音が鳴り出します。ブーツが破れていると
車検にも通りません。

バッテリーは使用していると、中に入っている希硫酸が蒸発し液が
減ってきます。LOWER LEVELよりも減った状態で使って
いると、バッテリーが上がってしまいます。
こまめに、蒸留水を入れて管理すると、長持するといわれています。

ベアリンググリースです。ホイールの中のベアリングの潤滑剤として
使われています。定期的な交換が必要なため車検などで交換します。

シャーシグリスです。水と混ざっても溶けないため、主にダンプなどの
大型車の車体の荷重のかかる部分(プロペラシャフトやホイスト部など)
の潤滑剤として使われます。

防腐/潤滑剤スプレーです。主にナットやボルトなどが錆び付いた場合など
に使います。

耐熱グリースです。主に自動車の回転部や摺動部の潤滑に使います。
ドアを開け閉めした時やブレーキやハンドルをきった時に
キーキーと音が鳴り始めた時に使います


キャブクリーンです。キャブレター内部にたまった、スラッジや
カーボンなどを噴射する事により洗浄します。
キャブ使用の年式の古い車や10万キロ越えた車などで、エンジン
のかかりが悪い場合や加速が悪い場合などに使用します。

スプレートリムアンドディスク接着剤です。ディスクペーパー
発砲スチロール、フェルト、紙、布等の接着剤として使用します。

マフラーボンドです。マフラーに穴が開いた場合などに使用します。
マフラーに穴が開くと、排気音が大きくなったり、パワーが
なくなったりします。車検にもとうりません。



パーツクリーナーです。自動車部品及びブレーキの洗浄剤として使用します。
オイルや燃料などの油脂類の汚れを落とすため、燃料漏れを調べる場合や
各種パーツの洗浄に使われます。

フラッシングオイルです。エンジン内に溜まったカーボンやスラッジを
落とす場合に使います。エンジンを温めた後、これをオイルに混ぜ
さらに15分間アイドリングすると、洗浄の効果があるみたいです。
しかし、@ぐらい汚れるとエンジンをばらして部品を磨いてやらないと
なかなかおちません。

ラジエータープロテクターです。熱安定性に優れた潤滑剤で腐食を防止し
ウォーターポンプの鳴きなどを防止します。

BJ添加剤です。ハンドルをきった時ドライブシャトかカラカラと
音が鳴り始めた時などに使うと、消音の効果を発揮します。

オイル漏れ止め剤です。エンジンオイルが漏れている場合に
エンジンオイルに混ぜて、しようします。

ブレーキ・ラバーグリースです。耐熱・耐高荷重性に富んでいるため
おもに、ライニングを使用しているブレーキのホイルシリンダの中や
ブレーキとの接点に使用します。色は灰色でグリース状となっています。

シムグリースです。主にディスクパット式のブレーキに使用します。
パット(ブレーキ)の裏面に使用し、ブレーキの鳴きなどを予防します。
色は茶色でグリース状となっています。




















































戻る



@