バッテリー上がり


ここでは、バッテリーが上がった時に、ブースターケーブルを使って
エンジンを始動する手順を解説します。




まずは、ブースターケーブルを用意して下さい。持っていない場合は
もしもの時にそなえて買っておくといいと思います。
買われる際にはケーブルが太く長いものを買われた方が、作業が楽に出来ます。









上の写真の様に、救援車はエンジンをかけたままバッテリーを
ブースターケーブルでつないで下さい。つなぐ時はプラス側は
プラスにマイナス側はマイナスに、つないで下さい。
写真ではバッテリー同士をつないでいますが、車種やメーカー
によって、マイナス側を車体のボディにつなぐ、など異なりますので
取扱説明書やメーカーに問い合わせ確認してから、作業を行って下さい。
間違えて、つなぐとショートしてコンピューターや配線などが焼付き
壊れてしまいます。

一度バッテリーが上がってしまうと、コンピューターなどの設定を行わないと
車の調子が非常に悪くなったり、警告灯がついたままの状態になる車種があります。
そのような場合は取扱説明書やメーカーに問い合わせ確認して下さい。






戻る