パンク修理


ここでは、運転中にタイヤがパンクしたさいに
スペアタイヤとの交換の仕方を解説します。




@フロントの右タイヤがパンクしたとします。



Aトランクに積んである車載工具を使い、まずは緩めます。



ナットが強く締まり緩まない、場合は鉄パイプなどを工具につけて
力がよけいにかかるようにして緩めます。



また、このような工具をあらかじめ買っておき
車に積んでおくと、パンクしてナットを緩める時なども
作業が早く楽にできます。



Bすべてのナットが緩み、指で回せる位になると、ジャッキアップします。
ジャッキアップの場所は、各メーカー・車種により、異なりますので
取説を読むか、メーカーに問い合わせて必ず、確認して下さい。
間違った場所を上げると、車に傷がついたり、上げている途中で
ひっくりかえったりし、大変危険です。





C下が平たんで、アスファルトなどの硬い地面にセットし
車の傾き具合などを気にしながら、慎重に上げて下さい。
また、やむを得ず坂道などで作業する場合は、歯止めなどを
セットして下さい。



Dタイヤが地面から、浮くほど上がれば、タイヤを取り外します。。



Eスペアタイヤを取り付け、ナットを手で締まる位に
強く締めます。全てのナットを取り付ければジャッキを下ろします。



F最後に工具を使い全てのナットを、締め付け作業完了です。



高速道路などで、パンクや故障等で走行不能になった時は
上の写真の「停止表示灯」を表示していないと、減点の対象となります。




戻る